逆走!アカデミー賞

米・アカデミー賞を何処までも逆走していく、少しのネタバレと少しの熱さの、ゆるい映画紹介ブログです。

第88回アカデミー賞(2016)全受賞作品&ノミネート作品一覧

※ 青文字をタッチするとその映画の紹介記事に飛べます

※ 青文字をタッチするとその映画の紹介記事に飛べます

★作品賞★

【受賞】「スポットライト  世紀のスクープ」

〜以下ノミネート〜

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

「ブリッジ・オブ・スパイ」

「ブルックリン」

「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

「オデッセイ」

「レヴェナント: 蘇えりし者」

「ルーム」

★監督賞★

【受賞】アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

「レヴェナント: 蘇えりし者」

〜以下ノミネート〜

アダム・マッケイ

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

ジョージ・ミラー

「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

レニー・アブラハムソン

「ルーム」

トム・マッカーシー

「スポット・ライト 世紀のスクープ」

★主演男優賞★

【受賞】レオナルド・ディカプリオ

「レヴェナント 蘇えりし者」“ヒュー・グラス役”

〜以下ノミネート〜

ブライアン・クランストン

「トランボ  ハリウッドに最も嫌われた男」

“ダルトン・トランボ役”

マット・デイモン

「オデッセイ」

“マーク・ワトニー役”

マイケル・ファスベンダー

「スティーブ・ジョブズ」

“スティーブ・ジョブズ役”

エディ・レッドメイン

「リリーのすべて」

“リリー・エルベ/エイナル・モーゲンス・ヴェゲネル役”

★主演女優賞★

【受賞】ブリー・ラーソン

「ルーム」“ジョイ・ニューサム/ママ役”

〜以下ノミネート〜

ケイト・ブランシェット

「キャロル」

“キャロル・エアード役”

ジェニファー・ローレンス

「ジョイ」

“ジョイ・マンガーノ役”

シャーロット・ランプリング

「さざなみ」

“ケイト・マーサー役”

シアーシャ・ローナン

「ブルックリン」

“エイリス・レイシー役”

★助演男優賞★

【受賞】マーク・ライランス

「ブリッジ・オブ・スパイ」“ルドルフ・アベル役”

〜以下ノミネート〜

クリスチャン・ベール

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

“マイケル・バリー役”

トム・ハーディ

「レヴェナント 蘇えりし者」

“ジョン・フィッツジェラルド役” 

マーク・ラファロ

「スポットライト 世紀のスクープ」

“マイケル・レゼンデス役”

シルヴェスター・スタローン

「クリード  チャンプを継ぐ男」

“ロッキー・バルボア役”

★助演女優賞★

【受賞】アリシア・ヴィキャンデル

「リリーのすべて」“ゲルダ・ヴェイナー役”

〜以下ノミネート〜

ジェニファー・ジェイソン・リー

「ヘイトフル・エイト」

“デイジー・ドマーグ役”

ルーニー・マーラー

「キャロル」

“テレーズ・ベリベッド役”

レイチェル・マクアダムス

「スポットライト 世紀のスクープ」

“サシャ・ファイファー役”

ケント・ウィンスレット

「スティーブ・ジョブズ」

“ジョアンナ・ホフマン役”

★脚本賞★

【受賞】「スポットライト 世紀のスクープ」

トム・マッカーシー、ジョシュ・シンガー

〜以下ノミネート〜

「ブリッジ・オブ・スパイ」

ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン

「エクス・マキナ」

アレックス・ガーランド

「インサイド・ヘッド」

ピート・ドクター、メグ・レフォーヴ、ジョシュ・クーリー、ロニー・デル・カルメン

「ストレイト・アウタ・コンプトン」

ジョナサン・ハーマン、アンドレア・バーロフ、S・レイ・サヴィッジ、アラン・ウェンカス

★脚色賞★

【受賞】「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

アダム・マッケイ、チャールズ・ランドルフ、“マイケル・ルイス『世紀の空売り 世界経済の破綻にかけた男たち』”

〜以下ノミネート〜

「ブルックリン」

ニック・ホーンビィ、“コルム・トビーン『Brooklyn』”

「キャロル」

フィリス・ナジー、“パトリシア・ハイスミス『キャロル』”

「オデッセイ」

ドリュー・ゴダード、“アンディ・ウィアー『火星の人』”

「ルーム」

エマ・ドナヒュー、“エマ・ドナヒュー『部屋』”

★撮影賞★

【受賞】「レヴェナント: 蘇えりし者」

エマニュエル・ルベツキ

〜以下ノミネート〜

「キャロル」

エドワード・ラックマン

「ヘイトフル・エイト」

ロバート・リチャードソン

「マッドマックス   怒りのデス・ロード」

ジョン・シール

「ボーダー・ライン」

ロジャー・ディーキンス

★編集賞★

【受賞】「マッドマックス   怒りのデス・ロード」

マーガレット・シクセル

〜以下ノミネート〜

「マネー・ショート  華麗なる大逆転」

ハンク・コーウィン

「レヴェナント: 蘇えりし者」

スティーヴン・ミリオン

「スポット・ライト 世紀のスクープ」

トム・マカドール

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

メリアン・ブラントン、メアリー・ジョー・マーキー

★美術賞★

【受賞】「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

コリン・ギブソン、リサ・トンプソン

〜以下ノミネート〜

「ブリッジ・オブ・スパイ」

アダム・ストックハウゼン、レナ・ディアンジェロ、ベンハルト・ヘンリック

「リリーのすべて」

イヴ・スチュワート、マイケル・スタンディッシュ

「オデッセイ」

アーサー・マックス、セリア・ボバク

「レヴェナント: 蘇えりし者」

ジャック・フィスク、ハミッシュ・パーディー

★衣装デザイン賞★

【受賞】「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

ジェニー・ビーヴァン

〜以下ノミネート〜

「キャロル」

サンディ・パウエル

「シンデレラ」

サンディ・パウエル

「リリーのすべて」

パコ・デルガド

「レヴェナント: 蘇えりし者」

ジャクリーン・ウェスト

★メイキャップ&ヘアデザイン賞★

【受賞】「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

レスリー・ヴァンダーウォルト、エルカ・ウォーデガ

〜以下ノミネート〜

「100歳の華麗なる冒険」

ラヴ・ラーソン、エヴァ・フォン・バール

「レヴェナント: 蘇えりし者」

シアン・グリッグ、ダンカン・ジャーマン、ロバート・パンディーニ

★視覚効果賞★

【受賞】「エクス・マキナ」

マーク・ウィリアムズ・アーディングトン、 サラ・ベネット、 ポール・ノリス、 アンドリュー・ホワイトハースト

〜以下ノミネート〜

「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

アンドリュー・ジャクソン、 ダン・オリヴァー、 アンディ・ウィリアムス、 トム・ウッド

「オデッセイ」

アンダース・ラングランズ、クリス・ローレンス、リチャード・スタマーズ、スティーヴン・ワーナー

「レヴェナント: 蘇えりし者」

リッチ・マクブライド、 マット・シャムウェイ、 ジェイソン・スミス、 キャメロン・ヴォルド・バウアー

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

クリス・コーボールド、ロジャー・ガイエット、パトリック・タバック、ニール・スキャンラン

★録音賞★

【受賞】「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

クリス・ジェンキンス、 グレッグ・ルドルフ、 ベン・オズモ

〜以下ノミネート〜

「ブリッジ・オブ・スパイ」

アンディ・ネルソン、 ゲイリー・ライド・ストロム、 ドリュー・カミン

「オデッセイ」

ポール・マッセイ、マーク・テイラー、マック・ルース

「レヴェナント: 蘇えりし者」

ジョン・テイラー、 フランク・A・モンタノ、ランディ・トム、 クリス・デュースターディーク

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

アンディ・ネルソン、 クリストファー・スカラボシオ、 スチュアート・ウィルソン 

★音響編集賞★

【受賞】「マッドマックス  怒りのデス・ロード」

マーク・マンジーニ、デヴィッド・ホワイト

〜以下ノミネート〜

「オデッセイ」

オリヴァー・ターニー

「レヴェナント: 蘇えりし者」

マーティン・ヘルナンデス、ロン・ベンダー

「ボーダーライン」

アラン・ロバート・マレー

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

マシュー・ウッド、デヴィッド・アコード

★作曲賞★

【受賞】「ヘイトフル・エイト」

エンニオ・モリコーネ

〜以下ノミネート〜

「ブリッジ・オブ・スパイ」

トーマス・ニューマン

「キャロル」

カーター・バーウェル

「ボーダーライン」

ヨハン・ヨハンソン

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

ジョン・ウィリアムズ

★主題歌賞★

【受賞】“Writing's on the Wall”

「007  スペクター」

〜以下ノミネート〜

“Earned It”

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」

“Manta Ray”

「Racing Extinction」

“Simple Song #3”

「グランドフィナーレ」

“Til It Happens to You”

「ハンティング・グラウンド」

★長編アニメーション映画賞★

【受賞】「インサイド・ヘッド」

〜以下ノミネート〜

「アノマリサ」

「父を探して」

「ひつじのショーン〜バック・トゥ・ザ・ホーム」

「思い出のマーニー」

★外国語映画賞★

【受賞】「サウルの息子」(ハンガリー)

〜以下ノミネート〜

「彷徨える河」(コロンビア)

「裸足の季節」(フランス)

「ディーブ」(ヨルダン)

「ある戦争」(デンマーク)

★長編ドキュメンタリー映画賞★

【受賞】「AMY エイミー」

〜以下ノミネート〜

「カルテル・ランド」

「ルック・オブ・サイレンス」

「ニーナ・シモン  魂の歌」

「ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い」

★短編映画賞★

【受賞】「僕はうまく話せない」

〜以下ノミネート〜

「Ave Maria」

「Day One」

「Everything Will Be Okay」

「Shok」

★短編ドキュメンタリー映画賞★

【受賞】「A Girl in the River : The Price of Forgiveness」

〜以下ノミネート〜

「Body Team 12」

「Chau,Beyond the Lines」

「Claude Lanzmann: Spectres of the Shoah」

「Last Day of Freedom」

★短編アニメーション映画賞★

【受賞】「ベア・ストーリー」

〜以下ノミネート〜

「Prologue」

「ボクのスーパーチーム」

「We Can't Live Without Cosmos」

 

 

 

 

〜以上24部門

 

トピック

 

2016年2月28日カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドのドルビー・シアターで授賞式は行われた。

司会はクリス・ロック、2005年の第77回アカデミー賞授賞式以来の2度目の司会となった。

最多ノミネートは「レヴェナント: 蘇えりし者」の12部門で、次いで「マッドマックス  怒りのデス・ロード」は10部門のノミネートを受けた。

前回の第87回アカデミー賞に引き続き今回も主要な演技部門で俳優が白人で占められていることに批判が上がっており、本年度の名誉賞受賞者であるスパイク・リーが授賞式には出席しないとの声明を発表しそれに続く者が出てくるなど、ボイコット騒ぎに揺れる授賞式となった。

前回でも批判された白人ばかりがノミネートされる(黒人俳優でノミネートに値する作品があるにもかかわらず)アカデミー賞が、連続で続いたことでハリウッドの保守性が浮き彫りになる形となった。

明るい話題で言えば、これまで何度も主演男優賞にノミネートされるも1度も受賞することが出来なかったレオナルド・ディカプリオ、そういう俳優としてもはや定番化してネタにされてきた中で今回遂に念願だった主演男優賞を受賞した。

その時のディカプリオのスピーチ、そして映画人で埋め尽くされた会場のからのディカプリオに対する盛大な祝福は、なにかと騒ぎに揺れた今回のアカデミー賞の中において清涼剤のように印象に残る場面となった。