逆走!アカデミー賞

米・アカデミー賞を何処までも逆走していく、少しのネタバレと少しの熱さの、ゆるい映画紹介ブログです。

第90回アカデミー賞(2018)全受賞作品&ノミネート作品一覧

※ 青文字をタッチするとその映画の紹介記事に飛べます

※ 青文字をタッチするとその映画の紹介記事に飛べます

 ★作品賞★

【受賞】「シェイプ・オブ・ウォーター」

 〜以下ノミネート〜

「君の名前で僕を呼んで」

「ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男」

「ダンケルク」

「ゲット・アウト」

「レディ・バード」

「ファントム・スレッド」

「ペンタゴン・ペーパーズ」

「スリー・ビルボード」

★監督賞★

【受賞】ギレルモ・デルトロ

「シェイプ・オブ・ウォーター」

〜以下ノミネート〜

クリストファー・ノーラン

「ダンケルク」

ジョーダン・ピール

「ゲット・アウト」

グレタ・ガーウィグ

「レディ・バード」

ポール・トーマス・アンダーソン

「ファントム・スレッド」

★主演男優賞★ 

【受賞】ゲイリー・オールドマン

「ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男」

〜以下ノミネート〜

ティモシー・シャラメ

「君の名前で僕を呼んで」

ダニエル・デイ=ルイス

「ファントム・スレッド」

ダニエル・カルーヤ

「ゲット・アウト」

デンゼル・ワシントン

「ローマンという名の男  信念の行方」

★主演女優賞★

【受賞】フランシス・マクドーマンド

「スリー・ビルボード」

〜以下ノミネート〜

サリー・ホーキンス

「シェイプ・オブ・ウォーター」

マーゴット・ロビー

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

シアーシャ・ローナン

「レディ・バード」

メリル・ストリープ

「ペンタゴン・ペーパーズ  最高機密文書」

★助演男優賞★

【受賞】サム・ロックウェル

「スリー・ビルボード」

〜〜以下ノミネート〜〜

ウィレム・デフォー

「フロリダ・プロジェクト  真夏の魔法」

ウッディ・ハレルソン

「スリー・ビルボード」

リチャード・ジェンキンス

「シェイプ・オブ・ウォーター」

クリストファー・プラマー

「ゲティ家の身代金」

★助演女優賞★

【受賞】アリソン・ジャネイ

「アイ,トーニャ  史上最大のスキャンダル」

〜以下ノミネート〜

メアリー・J・ブライジ

「マッドバウンド  哀しき友情」

レスリー・マンビル

「ファントム・スレッド」

ローリー・メトカーフ

「レディ・バード」

オクタビア・スペンサー

「シェイプ・オブ・ウォーター」

★脚本賞★

【受賞】「ゲット・アウト」

ジョーダン・ピール

〜以下ノミネート〜

「ビッグ・シック  ぼくたちの大いなる目ざめ」

エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ

「レディ・バード」

グレタ・ガーウィグ

「シェイプ・オブ・ウォーター」

ギレルモ・デル・トロ、バネッサ・テイラー

「スリー・ビルボード」

マーティン・マクドナー

★脚色賞★

【受賞】「君の名前で僕を呼んで」

ジェームズ・アイボリー

〜以下ノミネート〜

「The Disaster Artist(原題)」

スコット・ノイスター、マイケル・H・ウェバー

「LOGAN ローガン」

ジェームズ・マンゴールド、スコット・フランク、マイケル・グリーン

「モリーズ・ゲーム」

アーロン・ソーキン

「マッドバウンド 哀しき友情」

バージル・ウィリアムズ、ディー・リース

★撮影賞★

【受賞】「ブレード・ランナー2049」

ロジャー・ディーキンス

〜以下ノミネート〜

「ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男」

ブリュノ・デルポネル

「ダンケルク」

ホイテ・バン・ホイテマ

「マッドバウンド  哀しき友情」

レイチェル・モリソン

「シェイプ・オブ・ウォーター」

ダン・ローストセン

★編集賞★

【受賞】「ダンケルク」

〜以下ノミネート〜

「ベイビー・ドライバー」

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」

「シェイプ・オブ・ウォーター」

「スリー・ビルボード」

★美術賞★

【受賞】「シェイプ・オブ・ウォーター」

〜以下ノミネート〜

「美女と野獣」

「ブレード・ランナー2049」

「ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男」

「ダンケルク」

★衣装デザイン賞★

【受賞】「ファントム・スレッド」

マーク・ブリッジス

〜以下ノミネート〜

「美女と野獣」

ジャクリーン・デュラン

「シェイプ・オブ・ウォーター」

ルイス・セケイラ

「ヴィクトリア女王  最後の秘密」

コンソラータ・ボイル

★メイキャップ&ヘアデザイン賞★

【受賞】「ウィンストン・チャーチル  ヒトラーから世界を救った男」

〜以下ノミネート〜

「ヴィクトリア女王  最後の秘密」

「ワンダー  君は太陽」

★視覚効果賞★

【受賞】「ブレード・ランナー2049」

〜以下ノミネート〜

「スター・ウォーズ  最後のジェダイ」

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー   リミックス」

「猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)」

「キングコング  髑髏島の巨神」

★録音賞★

【受賞】「ダンケルク」

〜以下ノミネート〜

「ベイビー・ドライバー」

「ブレード・ランナー2049」

「シェイプ・オブ・ウォーター」

「スター・ウォーズ  最後のジェダイ」

★音響編集賞★

【受賞】「ダンケルク」

〜以下ノミネート〜

「ベイビー・ドライバー」

「ブレード・ランナー2049」

「シェイプ・オブ・ウォーター」

「スター・ウォーズ  最後のジェダイ」

★作曲賞★

【受賞】「シェイプ・オブ・ウォーター」

アレクサンドル・デスプラ

〜以下ノミネート〜

「ダンケルク」

ハンス・ジマー

「ファントム・スレッド」

ジョニー・グリーンウッド

「スター・ウォーズ  最後のジェダイ」

ジョン・ウィリアムズ

「スリー・ビルボード」

カーター・パーウェル

★主題歌賞★

【受賞】“リメンバー・ミー(Remember Me)”

「リメンバー・ミー」

〜以下ノミネート〜

“Mystery of Love”

「君の名前で僕を呼んで」

“Mighty River”

「マッドバウンド  哀しき友情」

“Stand Up for Something”

「マーシャル   法廷を変えた男」

“This Is Me”

「グレイテスト・ショーマン」 

★長編アニメーション映画賞★

【受賞】「リメンバー・ミー」

〜以下ノミネート〜

「ボス・ベイビー」

「生きのびるために」

「フェルディナンド」

「ゴッホ  最後の手紙」

★外国語映画賞★

【受賞】「ナチュラルウーマン」(チリ)

〜以下ノミネート〜

「判決、ふたつの希望」

(レバノン)

「ラブレス」

(ロシア)

「心と体と」

(ハンガリー)

「ザ・スクエア  思いやりの聖域」

(スウェーデン)

★長編ドキュメンタリー映画賞★

【受賞】「イカロス」

〜以下ノミネート〜

「Abacus: Small Enough to Jail(原題)」

「顔たち、ところどころ」

「アレッポ  最後の男たち」

「ストロング・アイランド」

★短編映画賞★

【受賞】「サイレント・チャイルド」

〜以下ノミネート〜

「Dekalb Elementary(原題)」

「The Eleven O'Clock(原題)」

「My Nephew Emmett(原題)」

「Watu Wote: All of us(原題)」

★短編ドキュメンタリー映画賞★

【受賞】「Heaven Is a Traffic Jam on the 405(原題)」

〜以下ノミネート〜

「Edith+Eddie(原題)」

「ヘロイン×ヒロイン」

「Knife skills(原題)」

「Traffic Stop(原題)」

★短編アニメーション映画賞★

【受賞】「親愛なるバスケットボール」

〜以下ノミネート〜

ガーデンパーティー(原題:Garden Party)」

「LOU」

「ネガティブ・スペース」

「へそまがり昔ばなし(原題:Revolting Rhymes)」

 

 

 

 

〜以上24部門

 

 

トピック

 

2018年3月4日(現地時間)にカリフォルニア州ハリウッドのドルビー・シアターで開催され、司会は前回に引き続きコメディアンのジミー・キンメルが務めた。

一体どの作品がアカデミー賞の数ある部門の最重要部門である【作品賞】を獲るのかというメディアや評論家のアカデミー賞予想では『スリー・ビルボード』が本命と言われていたが対抗馬であるギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞を受賞した。

ファンタジーやクリーチャー(怪獣)やホラー作品がアカデミー賞で作品賞を受賞するのは極めて稀な事で、デル・トロ監督は授賞式の1週間前にスティーヴン・スピルバーグ監督から電話で「もしも受賞したらそれはレガシー(遺産)なんだ。このフィルムメーカーの世界の一員になるんだよ。誇りに思え。」と言われたと語っている。 

 

またデル・トロ監督はスピーチの冒頭、こう語った。

「ありがとうございます。私は移民です。(アメリカに住む)多くの皆さんと同じようにね。25年間この国に暮らしてきました。私たちの業界の素晴らしいところは、国境線を消し去ってしまえるところだと思います。世界がその“線”をより深く刻むときこそ、私たちは消し続けていくべきです。ここ道を私と共にしてくれた全ての人々に感謝します」